退職するための準備って

内定までのスケジュールを立てる

転職者にとってするべきことと円満退職

なかなか同じ職場で長年働き続けるというのが難しい世の中で、いろいろな理由から転職をする人が増加しています。今の職場に給与や待遇などで不満を持っている人や、今よりも更に上を目指した業務をしてみたいというスキル向上など理由にはそれぞれに考えがあります。ですが理由は人によって違いはあるものの今までお世話になってきた職場ですので、そんな職場に迷惑がかからないようにしなくてはならないのです。円満退職をするためには仕事に支障がないように職探しを行うこと、そして採用が決定すれば早めに企業側に報告をするということが大切になります。いくら急であったとしても3ヶ月以上は退職日に余裕を持つということが常識で、希望する職場に採用されてすぐに退職届けを出すという非常識なことは避けましょう。退職日までには仕事の引継ぎを終わらせておくのが社会人としてのビジネスマナーです。

前もって家族に伝えておく

会社にも家庭にも円満退職を果たしてから転職活動に臨みましょう

転職に臨むにあたり円満退職をしておくことはとても重要です。円満退職と言えば会社と円満に話を付けて、と思いがちですが、家族にも理解を得たうえでの退職も円満退職と言えます。なぜ家族の理解が重要かと言えば、それだけ転職事情が困難かつ厳しい状況にあるからです。失職期間が長期化する、やっと決まった仕事は以前に比べて条件が大きく下がるなど、家族の理解が必要な要素が多くあるからです。それになにより精神的な支柱としての家族の存在が大きくなるのが、この転職活動中だからです。現在は会社側の求める人物像のハードルが非常に高くなっており、ほとんどの人が連続して不採用となります。その時に落ち込んだ精神状態には、家族の支えが何より大切となります。反対に家族の理解を得ないまま転職活動に臨むと、いざという時に家族が重荷になってしまうことすらあります。会社のみならず家庭も含めた円満退職を心掛けましょう。

転職活動中の支出を計算してみる

転職するときに現在の職場を円満退職できるように心がけることは大事です

近頃は、転職をする人は多くなりました。もっと収入を増やしたい、自分の夢をかなえたい、などさまざまな理由が転職にはあるようです。転職先を見つけて、さあ次のステップへ行こうという場合、現在の職場にも気を配ることも重要です。もう辞めてしまうのだから関係ないと思う人もいるかもしれませんが、せっかく縁があって働いた職場です。円満退職という形になれば理想的です。円満退職にするためには、ある程度の気配りが必要となります。例えば、自分が受け持っている仕事が退職後、滞らないように引き継ぎをしっかりしておくことや、上司や同僚などお世話になた人には退職前に挨拶をしておくなどがあります。退職することを伝える時期はその人によって条件が異なりますが、最後の日でもよいのできちんと挨拶はしておきましょう。次の職場が同じ職種である場合には、どこでまた繋がるかわかりません。後々のことも考えて円満退職をするように心がけましょう。

ページの先頭へ

退職・転職アドバイスマガジン
  • 退職するための準備って
  • 会社へ退職の意思の伝え方
  • 上手な引き継ぎ方法
  • 取引先へのご挨拶
  • 退職後に注意すること
  • 円満退職が出来た方の経験談
  • 問合せ・感想